トップ > 曽我の里紹介

曽我の里『和』園の紹介

和園は神奈川県小田原市、毎年2月に梅まつりが実施される別所梅林の中にある梅の生産農家です。曽我の里は、昔からミカン・梅の産地で、取り分け果肉の柔らかい十郎梅は特産となっており、小田原市の十郎ブランド化活動と相まって、徐々に人気・知名度がアップしてきています。

青梅の収穫

和園でも手作りにこだわり、収穫から選果、天日干し、漬けこみの際の
天地返しまで手作業で行い、伝統的な梅干作りをしています。
漬けこみ塩分は18%でちょっと“しょっぱい”。梅と塩だけの 昔ながらの無添加梅干をどうぞご賞味ください! 
平成25年度 梅干し品評会で県知事賞を頂きました。
梅の生育から収穫、梅干しへの加工にいたるまで、すべて人の手による作業ですすめています。昔ながらの塩だけで漬けた、美味しい梅干しをぜひどうぞ。

 

和園の完熟梅干しができるまで

完熟梅のネット収穫

中空で梅を受け止めるように工夫。
和園では主に木から落ちたばかりの完熟梅を漬け込んでいます。

完熟梅のネット収穫

できるだけ梅が傷つかないように!ネット収穫をしています。

梅の選果作業

選果作業。和園ではすべて手作業です。

完熟梅

梅の木から落ちたばかりの完熟梅。直ぐに漬けこみます。

漬け込み

200kg樽に漬けこみます。

漬け込み

添加物を使わない、昔ながらのミネラル塩だけで漬け込む方法です。

天日干し

三日三晩の天日干し作業。

天日干し

曽我の里、真夏の風物詩です。

貯蔵庫

梅の貯蔵庫の温度が上がりすぎぬよう。

梅の選別作業

天日干しを終えた梅の選別作業もひとつづつ。

漬け込み

10k樽で保存。
写真でもジューシーなのがおわかりになると思います!

完熟十朗の無添加梅干し

美味しい梅干しになって出荷されます!

 

梅干しのショッピングページへ

完熟十朗の無添加梅干し

 

このページのトップへ↑

 

 

トップへ